返済計画の見直し提案も受けられる

content

カードローンは計画的に利用しよう

カードローンでの延滞金が生じた際は生活水準の見直…

READ MORE

返済が遅れるとどうなるのか

保証履行による代位弁済になる前に事前相談すべし!…

READ MORE

返済が遅れたらすぐ相談!遅延金よりも信用優先!

カードローンは、利用限度枠内であればいつでも自由に借り入れが可能となっており、返済はローンカードを利用してATMから返済もしくは銀行口座からの振り替えという方法が一般的になっています。ですが、返済期日を間違って記憶していたり、銀行口座の残高が不足することで返済遅延となるケースが少なからずあります。このような場合、延滞金を払えば問題無いと考え、連絡を待って返済することだけは避ける必要があります。
融資する側にとって、返済が遅れたことを放置する行為は信用度の低下と判断します。また、連絡をせずに返済遅延を頻繁に繰り返すことは、連絡が取れなくなり貸倒リスクが生じてしまいます。そのため、信用度を低下させないためにも、返済が遅れた際は速やかに相談することが重要です。カードローンの商品紹介にある質問事項の多くには、返済が遅れた際は速やかに連絡して相談することを記載しています。
相談することは、返済の意思表示となり、返済が遅れたことはあくまで突発的な事由と判断され、与信状況の悪化により利用限度枠の減額や利用停止、解約といったリスクの回避にも繋がります。また、延滞金は一時的に生じるものの、相談の結果により返済計画の見直し提案を受けることも可能になります。

法的な手続きになる前に専門の借金相談窓口で相談を!

カードローンの返済に行き詰まり、返済遅延を放置し続けると法的な手続きが行われることとなります。3ヶ月以上の返済遅延は返済滞納となり、個人信用情報に事故履歴が残るだけでなく、債権が保証会社や債権回収会社に譲渡される可能が高くなっています。また、それ以上の返済遅延となった場合は、裁判所を通じ財産や給与の差押えの手続きが行われ、勤務先にも迷惑をかけることになります。
そして、延滞金は返済が完了するまで発生し続けるため、長期化するほど負担が増えてしまいます。そこで、返済が苦しくなる場合は行政や各機関、専門の相談窓口に相談し、法的手続きへの移行を回避するだけでなく、利息や延滞金の減額交渉を行うことが重要にななっています。既に発生している延滞金や利息分は、支払うことになっても相談以降に発生する延滞金や利息はカット出来る可能性があります。
さらに給与差押えとなる前に、債務整理手続きに入ることで給与差押えを未然に防ぐことも可能になります。法的な手続きが執行される前に通知連絡があり、異議申し立てすることが可能なものの、回避するための手続きの手間を考えれば、早い段階で相談窓口に事情を説明し適切な対応を行うことで、時間的な問題だけでなく、精神的な負担も少なくなります。最近では、カードローンによる借り入れが問題視され、相談窓口も充実しています。

topics

延滞金が嵩んできたらまずは生活スタイルの見直しを

カードローンを延滞してしまった時の対処法 学生やパート、アルバイトの方でも簡単に借り…

READ MORE

カードローンは計画的に利用しよう

カードローンでの延滞金が生じた際は生活水準の見直しから! カードローンは、利用する都…

READ MORE

返済が遅れるとどうなるのか

保証履行による代位弁済になる前に事前相談すべし! 今やカードローンは消費者金融だけで…

READ MORE

Copyright(C)2018 カードローンで延滞金が生じた時に知っておきたい豆知識 All Rights Reserved.