返済が遅れるとどうなるのか

content

督促は無視しないようにしよう

カードローンの延滞金発生がない様に生活水準を見直…

READ MORE

カードローンは計画的に利用しよう

カードローンでの延滞金が生じた際は生活水準の見直…

READ MORE

保証履行による代位弁済になる前に事前相談すべし!

今やカードローンは消費者金融だけでなく、多くの銀行が個人融資事業として取り扱っています。ですが、銀行カードローンによる多重債務や返済不能などが問題視されつつあります。そこで、もし返済が遅れそうなことに気付いた際は速やかに銀行窓口やフリーダイヤルに相談することが重要です。そもそも、返済が遅れることで延滞金が発生してしまいます。延滞金自体は金利よりも高く設定されていることから、延滞期間が長期化するほど返済負担が増加し、返済遅延を再度引き起こす要因ともなってしまいます。
しかし、返済が遅れそうな場合、事前に窓口やフリーダイヤルで相談することで、返済計画の見直しやその月の返済額の見直しといった対応を受けられる可能性があります。例えば、相談することで利息分だけを返済し、延滞金や約定返済分を翌月に分散することが可能です。
特に急な出費が立て続き、返済に充てられる現金が手元に残らないといった場合は速やかに相談するのがベストと言えます。銀行カードローンの場合、返済遅延となった場合、直ぐに保証会社への債権譲渡もしくは代位弁済という対応もあり、債権が譲渡されたもしくは代位弁済されたという情報が個人信用情報に記録され、クレジットカードの契約などにも影響を与えてしまいます。しかし、事前に相談することでこのような問題を防げる可能性があります。

カードローンの返済にどうしても困ってしまった時には…

カードローンは個人ごとに設けられた限度額制なので、無理なく利用できるようになってはいますが、それでも借入れが高額になると返済ができなくなってしまうことも少なくありません。どうしても返済日に支払いが行えなくなってしまった場合には、そのまま放置しないでその前日までに利用しているカードローン会社に相談してみましょう。事前に相談をすれば、カードローン会社は結構柔軟に対応してくれます。何の連絡もなく返済が行われないよりよっぽどマシだからです。
同時に催促をする手間も省けるので、このような相談をして嫌がられることは一切ありません。この相談によって、今後の返済プランの見直しや、多少返済を待ってくれるなどの対応を行ってもらえます。ともかくそのまま返済日まで放置しないで事前に相談することが大切なのです。
カードローンは原則的に無担保融資なので、返済が滞ってしまっても担保を没収されるようなことはありませんが、支払いを延滞している期間に対して通常の利息より利率の高い延滞金が請求されてしまい、更に返済を遅延したという記録が信用情報に残ってしまいます。
延滞金を課せられるということも大きいですが、何より信用情報に余計な記録が残ることの方が問題です。これによって今後のカードローンやクレジットカード、その他のローン契約の利用にも支障が出る可能性がありますが、事前に相談をすればこの記録が残らないことも多く、この点からも先に相談するに越したことはないのです。
もちろんカードローンは返済日を守って利用するのが当然ですが、どうしても返済が行えないと前日までに分かっている場合には、必ずその時点でカードローン会社に相談してください。決して悪いようにはなりません。

Copyright(C)2018 カードローンで延滞金が生じた時に知っておきたい豆知識 All Rights Reserved.