督促は無視しないようにしよう

content

督促は無視しないようにしよう

カードローンの延滞金発生がない様に生活水準を見直…

READ MORE

カードローンは計画的に利用しよう

カードローンでの延滞金が生じた際は生活水準の見直…

READ MORE

カードローンの延滞金発生がない様に生活水準を見直そう

カードローンは借りた分返さなければならず、支払いが滞ると延滞金を払わなければいけません。そうなる前に家族等に相談して生活水準を見直しましょう。見直す点としてはまずガス代や電気代等の使い方が挙げられますが、節約を心掛ければ当然安く出来ます。テレビをつけたまま寝たり煮物で長時間ガスを使っていないか考えてみましょう。
また水道料金も節約したい所ですが、これは風呂や洗濯機、食器洗い等の使い方を考える事で節水出来ます。食費も節約出来る可能性があり、値上がりした野菜を避けて安価な方を選んだり贅沢な食品を控える事が大切です。外食は一度の食費が高くなりやすいので自炊して弁当を作る様にすると良いです。他にもガソリン代節約の為に車の使用回数を減らして歩く、または自転車を使ったり買い物はスーパーの特売日を狙う等、方法はまだあります。
小さな事ですが日々続ければカードローンの支払いをしやすくなりますので、延滞金が発生する前に支払い出来る様に頑張りましょう。家族が節約を協力してくれる場合に出来る事もあります。もしかすると保険料の見直しや、携帯電話の月々の料金を抑える事が出来ます。ただ家族に負担がかかるので自分の身の回りを中心に節約を心掛けましょう。

延滞金を放置することは問題解決には至りません

どんな理由があろうとも、カードローンの延滞金を放置し続けることは問題解決に至らないだけでなく、どんどん自分を苦しめることになります。延滞してしまうことが確実になった時点でカードローン会社に相談するのが最良ですが、滞納という状態になってしまうと延滞利息が付いていきます。多くのカードローン会社で、法律の上限である20パーセントを採用しており、延滞金は雪だるま式に増えていきます。
連絡しづらいとは思いますが、カードローン会社に相談することで返済の方法を柔軟に対応してくれます。それもせずに督促の電話や郵便物を無視し続けると、自宅や勤務先に連絡が入って来るようになります。最悪の場合には裁判沙汰になり、強制執行という手段を採られることもあるので注意が必要です。どんな状況でも延滞金がある場合にはカードローン会社に連絡を入れなければなりません。
万が一、返済が不能な状態であればその旨をカードローン会社に伝え、自分では対処できない時には弁護士に相談するのも1つの方法です。ちなみに債務整理を開始すると、その時点でカードローン会社からの連絡はなくなり、決定が下りるまでは利息もつかず開始した時点での借り入れ金額のままでストップします。

Copyright(C)2018 カードローンで延滞金が生じた時に知っておきたい豆知識 All Rights Reserved.