カードローンは計画的に利用しよう

content

督促は無視しないようにしよう

カードローンの延滞金発生がない様に生活水準を見直…

READ MORE

カードローンは計画的に利用しよう

カードローンでの延滞金が生じた際は生活水準の見直…

READ MORE

カードローンでの延滞金が生じた際は生活水準の見直しから!

カードローンは、利用する都度審査を受ける必要がなく、利用限度枠内であれば自由に借り入れが可能です。そして、毎月の返済についても最低返済額が定められており、この金額だけを返済すれば個人信用情報に事故履歴が残る心配もありません。ですが、うっかりミスや急な出費で返済が出来ないといった場合、利息だけでなく延滞金も発生してしまいます。延滞を放置することで、延滞金は高額になってしまい、より返済不能になるリスクが増加してしまうのも事実です。このような場合、銀行や消費者金融に返済が遅れることを事前に相談することで、延滞金は発生するものの返済計画の見直しが可能になっています。
ですが、カードローンで生活費を補填していた場合、カードローンの利用が一時停止となるため、生活水準の見直しが重要になります。毎月の生活費や固定支出の見直しにより、返済に充てられる分を確保することで、延滞金により生活への負担を軽減することが可能です。また、一度生活水準を見直すことで、延滞解消後にも毎月の出費が削減されている状態になることから早期返済の期待も出来ます。
先ずは、延滞しそうな場合は速やかに金融機関に相談し、それと同時に公的機関が行う借金相談で生活水準の見直しを検討するのがおすすめです。

カードローンは延滞金にご注意を

急にお金が必要になったけど手持ちが足らない…という時便利なカードローン。カードで処理するので借入理由を正直に伝える必要もなく、即日融資も可能と利点は多いですが、ひとつ落とし穴があります。それは返済を延滞してしまった場合。期日までにお金を返せなかった場合、延滞金がかかります。また信用情報に返済延滞が記録され、その後の追加融資を受けられなくなったり、下手をすると新しいクレジットカード等の契約にも影響がでかねません。
延滞金というのは、返済期日を過ぎてしまった時の罰金のようなもので、借金の利息とは別にかかるものです。これは期日を過ぎてからの日数単位で計上され、割合はカードローン会社ごとに異なりますが、おおよそ15%~20%となっています。ただでさえ高い利息がつく上に、余計な延滞金までかかるのでは大変ですね。これを回避するためにも、カードローンは期日前までの早めの返済を心がけ、計画的に利用する事が大切です。
どうしても期日を過ぎてしまいそうという時は、早めにローン会社の相談窓口などに頼りましょう。上記のように一日過ぎるごとに延滞金がかかるので放置するのが一番の悪手。延滞理由を正直に伝える事をした上で、その後についてきちんと話し合って下さい。

Copyright(C)2018 カードローンで延滞金が生じた時に知っておきたい豆知識 All Rights Reserved.